Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C86] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2009-12-07
  • 投稿者 :
  • 編集

[C88] お疲れ様でした

削除は残念ですが修正版をのんびり待つことにします。

非難したかったわけではないのであんまり気にされなくても大丈夫かなーって。
ただ、イラスト云々は「ネタとして突っ込んだ」訳ではないので一応補足です。
千早の表情が明る過ぎて「悲劇」的な方向性と合わないと感じました。
悲劇のストーリーで使うなら「平和だった昔」とか「束の間の安らぎ」的なシーンで使って落差をアクセントにするのが無難だと思っています。

そしてこの路線私は結構好きなので続いてくれたら嬉しいかなーって。

最後に覚えている範囲で特に気になっていた所(謎)について書いてみます。
自ブログでやる予定だったのですが自ブログで晒す意味がなくなったのでここで。

○社長と小鳥さん
2人が「居なくなった」と言う表現に先ず疑問があります。
765プロを解散?したのなら分かります。
そしてフリーになった千早ふぁ(或いは他のアイドル達も一緒に)765プロを名乗って活動を続けているとも考えられるのですが・・・
やっぱり「居なくなった」と言う表現をするかなぁと。
素直に「蒸発」とかで解釈するとまた謎が増えて・・・

○Pのコミュニケーション能力
最初は「Pはコミュニケーション取れているつもりで実際は喋れていなかった」と言う状況なのかと思いました。
そしてP自身コミュニケーションが取れていないことを自覚してることが分かったわけですが。
響・貴音とは言語が通じていると思われるレベルの意思疎通をしている様に見えます。
ただ、話からすると既に響・貴音は改造されているので旧型の言葉を理解する機能が加えられていてもおかしくないのですよね。

○自立移動出来ないP
些細な所ですが自立移動出来ないPが一人残されて「後から行く」は変ですよね。
何か含みがあるか或いは4人以外の誰かが居るのか。
素直に「千早のステージを見ることなく楽屋で昇天」と言う風にも受け取れるのですが・・・うむむ。

○千早にとってのP
謎とかとは違うのですがPと響の応酬。どちらも正しいと思いますしそれ故に答えは出ないのでしょうね。
響の言う通り意味はあったのでしょうがもっと具体的な助けになりたかったPにはそれを慰めに出来ない。どこまでもバッドルート。

○響は笑顔だった
一番単純なのが「将来ライバルが減ることを喜んだ」ですが響のキャラからしますとこの思考に行くには何か無いと難しいと思います。
「命を賭して最後までアイドルであり続ける存在・或いはその覚悟を好ましく思った」・・・何か違う気がします。
「自分もアイドルであり続けたかったから千早を止めることにためらいがある」笑顔の理由にはならないようなー
「恐らく自覚はしていなかったが自分が諦めてしまったのに諦めない存在を認めたくなかった。
だから千早が譲歩を示したことに内心安堵して笑顔になった。
結局、千早は諦めなかったので必死になってる。本心云々は言動に見える「千早を心配して」と言う動機に関して」
・・・・・・コレダ!・・・・・・?

○アイドル
動画中における「アイドル」と言う単語は色々と疑問が浮かびます。
千早がアイドルに拘ること。
生身で無いとアイドルでないこと。
歌手は改造されても問題無いこと。
単純に「生身」「機械」と言えば納得出来るのに何故「アイドル」なのか。
背景を悟らせないまま進めるために言い換えていたとも解釈出来ますがそれだけかなーと。

こんな感じでしょうか。ちょっと考察っぽいことをやってみたものの深く掘り下げられないので意味が・・・
年代に関しては初見ではきちんと見なかったので何年だったか分からないので書けません。
長々と書いてしまって申し訳ないです。
  • 2009-12-08
  • 投稿者 : 黒ななか
  • URL
  • 編集

[C89]

>管理人のみ閲覧できるコメントさん
さすがにそれは深読みですw
でも、確かに仰るとおりの方法もありましたね。
  • 2009-12-08
  • 投稿者 : AMAEDA
  • URL
  • 編集

[C90]

>黒ななかさん
考察ありがとうございます。
自作品について作品外で語る事は避けたいので控えますが、読ませていただいて一つだけ言えるのは

「やっぱり、削除の判断は間違っていなかった」

ということです。
  • 2009-12-08
  • 投稿者 : AMAEDA
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://amaeda6.blog35.fc2.com/tb.php/154-c5d45841
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

アイフェス 後夜祭

 まだ全部見きれていませんが、とりあえず関係者の皆様お疲れ様でした。
 また明日から仕事ですので、見てない分は来週末にでも見ようと思います。


 私の動画は勝手ながら、終了した後に削除させて頂きました。
 今のままでは、あまりにも意味不明だと思われますので……
 ゲームボーイの液晶画面が半分壊れた状態でテトリスやってるようなものです
 (昔その状態でロケット出した友人がおりましたがw)
 いずれもう少し分かりやすく作り直したバージョンをUPできればなぁと思っとります。



 この祭では作る側としてだけでなく見る側としても参加して、いろいろと勉強になりました。
 結論を言えば、最初に予想したとおり、やっぱりこの祭は今のノベマス界の縮図だなぁ……と感じました。
 その辺の話も、また忘れた頃にぽつぽつと、お話できたらいいかな。



 皆さん、また明日から頑張りましょう!
スポンサーサイト

4件のコメント

[C86] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2009-12-07
  • 投稿者 :
  • 編集

[C88] お疲れ様でした

削除は残念ですが修正版をのんびり待つことにします。

非難したかったわけではないのであんまり気にされなくても大丈夫かなーって。
ただ、イラスト云々は「ネタとして突っ込んだ」訳ではないので一応補足です。
千早の表情が明る過ぎて「悲劇」的な方向性と合わないと感じました。
悲劇のストーリーで使うなら「平和だった昔」とか「束の間の安らぎ」的なシーンで使って落差をアクセントにするのが無難だと思っています。

そしてこの路線私は結構好きなので続いてくれたら嬉しいかなーって。

最後に覚えている範囲で特に気になっていた所(謎)について書いてみます。
自ブログでやる予定だったのですが自ブログで晒す意味がなくなったのでここで。

○社長と小鳥さん
2人が「居なくなった」と言う表現に先ず疑問があります。
765プロを解散?したのなら分かります。
そしてフリーになった千早ふぁ(或いは他のアイドル達も一緒に)765プロを名乗って活動を続けているとも考えられるのですが・・・
やっぱり「居なくなった」と言う表現をするかなぁと。
素直に「蒸発」とかで解釈するとまた謎が増えて・・・

○Pのコミュニケーション能力
最初は「Pはコミュニケーション取れているつもりで実際は喋れていなかった」と言う状況なのかと思いました。
そしてP自身コミュニケーションが取れていないことを自覚してることが分かったわけですが。
響・貴音とは言語が通じていると思われるレベルの意思疎通をしている様に見えます。
ただ、話からすると既に響・貴音は改造されているので旧型の言葉を理解する機能が加えられていてもおかしくないのですよね。

○自立移動出来ないP
些細な所ですが自立移動出来ないPが一人残されて「後から行く」は変ですよね。
何か含みがあるか或いは4人以外の誰かが居るのか。
素直に「千早のステージを見ることなく楽屋で昇天」と言う風にも受け取れるのですが・・・うむむ。

○千早にとってのP
謎とかとは違うのですがPと響の応酬。どちらも正しいと思いますしそれ故に答えは出ないのでしょうね。
響の言う通り意味はあったのでしょうがもっと具体的な助けになりたかったPにはそれを慰めに出来ない。どこまでもバッドルート。

○響は笑顔だった
一番単純なのが「将来ライバルが減ることを喜んだ」ですが響のキャラからしますとこの思考に行くには何か無いと難しいと思います。
「命を賭して最後までアイドルであり続ける存在・或いはその覚悟を好ましく思った」・・・何か違う気がします。
「自分もアイドルであり続けたかったから千早を止めることにためらいがある」笑顔の理由にはならないようなー
「恐らく自覚はしていなかったが自分が諦めてしまったのに諦めない存在を認めたくなかった。
だから千早が譲歩を示したことに内心安堵して笑顔になった。
結局、千早は諦めなかったので必死になってる。本心云々は言動に見える「千早を心配して」と言う動機に関して」
・・・・・・コレダ!・・・・・・?

○アイドル
動画中における「アイドル」と言う単語は色々と疑問が浮かびます。
千早がアイドルに拘ること。
生身で無いとアイドルでないこと。
歌手は改造されても問題無いこと。
単純に「生身」「機械」と言えば納得出来るのに何故「アイドル」なのか。
背景を悟らせないまま進めるために言い換えていたとも解釈出来ますがそれだけかなーと。

こんな感じでしょうか。ちょっと考察っぽいことをやってみたものの深く掘り下げられないので意味が・・・
年代に関しては初見ではきちんと見なかったので何年だったか分からないので書けません。
長々と書いてしまって申し訳ないです。
  • 2009-12-08
  • 投稿者 : 黒ななか
  • URL
  • 編集

[C89]

>管理人のみ閲覧できるコメントさん
さすがにそれは深読みですw
でも、確かに仰るとおりの方法もありましたね。
  • 2009-12-08
  • 投稿者 : AMAEDA
  • URL
  • 編集

[C90]

>黒ななかさん
考察ありがとうございます。
自作品について作品外で語る事は避けたいので控えますが、読ませていただいて一つだけ言えるのは

「やっぱり、削除の判断は間違っていなかった」

ということです。
  • 2009-12-08
  • 投稿者 : AMAEDA
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://amaeda6.blog35.fc2.com/tb.php/154-c5d45841
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィーユ

AMAEDA

最近の記事

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。