Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://amaeda6.blog35.fc2.com/tb.php/117-0efb058a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

実験結果

 例の麻雀講座番外編、動画投稿から1週間経ちました。
 結果は一目瞭然と言っていいと思います。

 総集編その2は、内容としては今までのシリーズの焼き直しで特に新しい内容はなし。
 番外編は新しい内容ばかり。

 それなのに、現時点で再生・コメ数ともにトリプルスコア近い数字になっています。
 (投稿日の前後はありますが、傾向は大きくは変わらないかと)

 方や、総集編その2は15分の動画なだけあって、コメを付ける場所が多いという見方もある。
 他方において、番外編は3分少々なのでクリックしやすいという見方も。

 色々な要素を照らし合わせた結果、結局、証明はされたと思います。

 「突っ込むヒマを与えないほどテンポのいい動画は伸びない」

 結局のところ、再生数は客を呼ばないが、コメ数は客を呼ぶというのがある程度までの再生数(1万以下くらい?)の常識のように思います。
 たとえば、似たような動画で、2000再生50コメの動画と、500再生200コメの動画だったらどちらを見るか?
 一般的にどっちかしかクリックできないとなれば後者でしょう。なぜなら、ニコ動は動画と共にコメをも楽しむ場所だからです。これは考えれば当たり前の話で、私も作業用BGMを聞くときでも、できるだけコメが多い動画を選びたいと考えています。

 コメディ専のニコマスPの皆様はこれを踏まえ、ツッコミの機会を与えるようなタメのある動画を作っていただけますようお願いします。
 それにしても、動画なのだからテンポは重要だと思っていたのに、実はそうではなかったっていうのはちょっとショックですよね。
 多分、本当に必要なのは、「テンポ」そのものではなくて「テンポコントロール」なんじゃないかな。


 次はノベマスで最も需要が多いと言われる10分以内のほのぼの系のショートストーリーを2本作って、別なる実験に臨みたいと思っています。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://amaeda6.blog35.fc2.com/tb.php/117-0efb058a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィーユ

AMAEDA

最近の記事

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。